1分で読める映画紹介【グラスホッパー】11月7日公開

image.jpg

【グラスホッパー】
公開 2015年11月7日


~あらすじ~
ハロウィンの夜、恋人を殺された中学校教師のスズキは真相を掴むために独り動き出していた。一方、ターゲットを自殺させる殺し屋・鯨(くじら)。若きナイフ使いの殺し屋・蝉(セミ)の2人もある依頼人によって引き起こされる事件に巻き込まれていく。



原作は読まずに観賞。

交わらないはずの3人が何かをきっかけに同じ場所へと向かっていく。
物語が進むにつれて次第に絡み合っていく登場人物たちを観るのが楽しい。
ただ、最終的にはもっと直接的に絡んでほしかったという不完全燃焼感は大きい。


人を別の生き物に例えて表していたところはすごくオシャレ。
スクランブル交差点の意味を理解した時にこの映画が伝えたかったことも同時に理解できます。


蝉役の山田涼介くん。
驚くほど演技が上手で、役作りも徹底していたそう。
身体能力も高くてアクションシーンも見事に決めていました。
ファンの方は大きな見どころの1つですね。

ビニールの付いたうちわを持ってきていた山田君ファンの方がいましたが、スクリーンの光が反射して他のお客さんの迷惑なのでやめてほしいです。
その点だけ残念でした。。(-ω-)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック