1分で読める映画紹介【オデッセイ】2月6日公開

image-8303e.jpeg
【オデッセイ】

公開日 2月6日

オススメ度 86/100

~あらすじ~
火星調査任務の最中に遭遇した大砂嵐により、宇宙飛行士マークワトニー含むクルーたちはミッションを放棄し、火星を緊急離脱することにする。クルーがロケットへ向かう途中、機材のアンテナがマークに直撃する。砂嵐で視界が奪われながらも、クルーはマークが死んだと判断し火星を飛び立つ。しかし、マークは奇跡的に生存しており自分が取り残されたことを知ると、救助が来るまで生き残る方法を考え始める。


☆彡
火星に取り残された男があれこれ工夫して生き残ってやるぞ!!
って感じの映画です★


宇宙をテーマにしている映画では珍しいコメディチックな表現が数多く登場していて、今までの宇宙映画とは違った楽しみ方ができるのが特徴。


しかし、ストーリー自体にはコメディ要素など微塵も無く、やはりこれは役者陣の演技力によるもの。
さすがに能力があるな~という印象(゚Д゚)


クルーたちとマークが久しぶりに通話したシーンで、お互いのリアクションが薄すぎたのが少し気になりましたが全体的に新しいジャンルの映画を観ているようで興味深い作りになっています。
名作「アルマゲドン」のようなイメージで臨むとかなり違う印象を受けるかと思いますが、笑いアリの宇宙映画もなかなか良かったりしますよ~(*´з`)

「オデッセイ」公開中です!!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック